So-net無料ブログ作成
検索選択

「はちま起稿」はDMM.comが運営していた! twitterの反応まとめと管理人の感想

スクリーンショット 2016-12-28 18.38.50.png


ヤフーニュースを見ると、気になる記事があるではないか!

『まとめサイト「はちま起稿」、DMM.comが運営していたことが判明』


最近まとめサイト…というかキュレーションサイトが問題になってよくニュースで見かけましたね
特にDeNAのキュレーションサイト「WELQ」はよく取り上げられてたはずw

大手まとめ系サイトが悪い意味で注目されるようになったわけですが

今回は「はちま起稿」がDMMとグルだった?という情報が出てきました

ということで気になったので調べてきましたわ^^

スポンサードリンク




はちま起稿はDMMとの関連があるのか!?



調べた結果、株式会社DMM.comはこのような事実を公表しています

Webメディア「はちま起稿」サービス運営・事業譲渡に関するお知らせ

一部報道機関より、株式会社DMM.comとWebメディア「はちま起稿」との関係について質問された内容を受け、当社からこの件について下記公表いたします。

株式会社DMM.comは、Webメディア「はちま起稿」を2016年1月に買収いたしましたが、同年10月に他社への売却を決定し、現在は完了しております。

なお、譲渡先は以下の企業になります。
株式会社インサイト(東京都渋谷区道玄坂1-20-8 寿パークビル4F)

■本件に関するお問い合わせ
DMM.com 広報部
東京都渋谷区恵比寿4丁目20番地3号恵比寿ガーデンプレイスタワー21階
TEL:03-5789-7031(連絡可能時間帯:平日10:00~18:00)
E-MAIL: release-dmm@dmm.com

引用元:PR TIMES



そう、確かに過去にDMMがはちまを運営していたことはある

が、しかし、今は違う!
すでに運営権は株式会社インサイトに売却して譲渡したから関係ない!

という内容でしたね

株式会社インサイトを調べてみたところ、
IT系の会社でソフトウェア、インフラ、アプリの開発を主に行っているようです

まぁ「はちま起稿」が元DMMのものだからなんだと言われれば何もないんですが
何というか、2ch系のノリを企業が作っているというのがちょっと気になりますね^^

うん、ちょっとねほんのちょっと
先っちょだけ気になりますね

それだけです笑



twitterのみんなの反応は!?




山本一郎氏が何か企んでるwwwwww

山本一郎氏は自身のオフィシャルブログで「はちま寄稿がアニメ事業の売上で誤報を拡散」という記事も書いているし何か恨みがあるのかな?



早くからはちまとDMMの関係に気づいている山本氏



なかなかの過激派ですね笑



jinはだんまりを決め込んでいるのですw



コピペブログいくない!



確かにステマできるよなぁ…




これはまさにその通りで危惧すべき



個人ではなく企業でこのようなガバガバな記事を書いていたという問題



管理人の感想


自分はたま〜に「はちま起稿」の記事も読むんですが
ノリがあまり好きではないので別にどうでもいいかなぁw

しかしやはり企業が、しかもDMMの責任で記事を書いていた(もしくは記事を外注していた)
そしてゲーム系やアニメ漫画記事がメインであることから
DMMに関するステルスマーケッティングが可能である
という点がやや気になるところ

他にも根拠のないソースを2chから引っ張ってきて記事にしていたり(山本一郎氏のブログより)
海外のニュースの誤読など企業としてのコンプライアンスの問題が浮き彫りになる形となった

今回は「はちま起稿」だけ問題が浮き彫りになったが、今後
他のサイトも個人運営と見せかけて実は企業が運営していましたという事実が出てくるかもしれない
(実際今もバレてないだけで現実にあると思う)

DMM自体は自分は好きでも嫌いでもないのでこの件に関しては特にあーだこーだ言うつもりはないですが

DeNAの「WELQ」しかり、DMMの「はちま起稿」運営しかり
今後まとめサイトの是非が問われることになりそうです


スポンサードリンク
タグ:DMM はちま起稿
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:ゲーム

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
Copyright © ゲマコミ All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます